リムジンパーティーも様々な活用術がある|旅行をもっと楽しく

ウーマン

温泉の歴史

ウーマン

群馬の人はとても気持ち良さそうに温泉に入ります。群馬のみならず日本の人はわざわざ遠い場所へ温泉に入りに旅行する人もたくさんいます。世界からみても日本人ほど温泉好きは珍しいようです。では日本人はいつから湯治や公衆浴場に入っていたのでしょうか。現在の研究では5万年前には別府で温泉が湧いていたそうです。浴場として利用された痕跡は、最も古いもので石器時代の遺跡にあります。日本人ははるか遠い過去から温泉を利用していたのです。しかし、歴史的な文献で初めてこのことが記されているのは、石器時代からは程遠い奈良時代です。当時の温泉は病気や怪我を治す「神の湯」と崇められ、ヤマトタケルノミコトなど王族の治療に使われています。その後、平安・鎌倉時代になると、次々に開拓されていったのです。それでもまだ温泉は貴重な存在で、室町・戦国時代でも偉い人が入ったり、戦で怪我をした兵士の治療として利用されたりしています。江戸時代でやっとイメージが一変するのです。特権階級の人だけのものから、庶民の娯楽の場所へと変わってきます。ある温泉は繁華街の中に作られたりしたのです。江戸時代から温泉は少しずつ進化し、現代に至ります。今の群馬の温泉では様々な効能も分かり、ニーズに合わせて選ぶこともできるようになっています。なぜ群馬の人が温泉を好きなのかは、ただ「気持ちいいから」という単純な理由だけではなく、昔から大事にされ続けてきたからなのです。これから温泉に入る時は歴史を考えながら入るのも良いでしょう。